FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

この本が出るのを知った時、私は、有元さんの数多のレシピが、作りやすくなるツールを得られるのでは?という期待がふくらみ、待ちきれずに、発売日前に予約を入れてしまいました。

読んでみると、実際はそれ以上のものがあると感じました。他の料理家さんのレシピだったとしても、自分の即興であったとしても、思い描いた味に近づけるために、どこに手をかければ良いのか、慎重にやった方が良い工程は何か?など、自分で探りつつ考える癖が付く感じです。
有元さんの思考回路が乗り移るというのでしょうか。

有元さんらしく、オリーブオイル、メープルシロップですとか、ハーブなどの薬味系の野菜が出てきます。これらのものは値段が高くつきます。そして、家族の人数が多かったり世代がまたがる場合には、味の好みに大きく違いがあったりして、全てを取り入れるのは難しいです。が、それを割り引いても得られるものがあります。
無水鍋やバーミキュラなど、道具の縛りが少なく、取りくみやすさもあります。

物理的にレシピ本を断捨離しても、クックパッドなどを見てその都度作っていたら、部屋は片付くかも知れませんが、頭の中は片付かず、あまり変化なしということになります。
そして、レシピ頼りだと、材料をすべて揃えないと料理が作れないケースも出てきます。しかし、おいしくする勘所がわかれば、冷蔵庫の中に既に入っている材料を使い、その場で何かを作っても、味が決められるようになるわけです。

レシピ本やクックバッドなどで飽和状態の中、脱レシピ本というのは…それが有元さんだったら、ひときわ目立つわけです。土井善晴さんが『一汁一菜~』を出したのにどこか似ている気がします。力量のある先生方がこういう本を書かれるのは大変意義があると思いますので、他の先生方の本も見てみたくなりました。
少し前だと、故小林カツ代さんは読むレシピ本をよく書かれていましたね。「ジャー」とか「ガーっ」などの擬音語を使ったり、食材の香りや色の変化などをなるべく言葉にして、感覚へと落とし込めるように工夫されていました。

有元さんの今回の本を読んで面白いと思われた方は、『この野菜にこの料理』という本も、文字だらけですが、野菜の扱い方についての理解が深まるのでお勧めです。


スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ