FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ベイクドチーズケーキ&レアチーズケーキ

石橋かおりさんのチーズケーキ本で2番目に古いものです。18センチの丸型だけ、クリームチーズパック1本使いきりのできる合理的な本です。
(現在は、某クリームチーズの規格が変わってしまい、パック1本使いきりが難しくなってしまったそうですが…。)

今から10年前の本です。当時は、1つの型で作れるのがありがたい時期でもありました。市販のクリームチーズが1回で使い切れることで、「この残ったのをどうすれば…」というストレスも抱えずに済む画期的な内容でした。この本で確実に手作りチーズケーキ人口が増えたんじゃないかと思います。

正直なところを言いますと、チーズケーキを作るとき、型の大きさを固定して何でも作るのはあまり好きではないです。なものですから、今まで紹介してきた本は、複数の型が必要なものか、比較的新刊のものです。ベイクドタイプで卵白を泡立てて入れるようなものについては(スフレタイプとは違います)、しっとり焼き上げて柔らかいところを多めに楽しみたいので、直径が18センチ位で作りたい。だけど、濃い目の生地をタルト生地に流すものに関しては、直径が小さいタルトレットが好きです。口に入れた時、チーズ生地とサクサクタルト生地の比率が心地よいのです。

また、小林カツ代さんのおやつ本で、天板で焼くチョコレートケーキについて、「大きく切らないこと。2個食べるはよし。」と書いてあって、その通りにしてみたら本当に味が違うと実感したことがあります。パウンドケーキなんかも厚さで味が変わります。同じく、チーズケーキも重たい食感なので、一切れの大きさや厚みが結構重要で、美味しさを左右する気がします。その点、スクエア型で作るチーズケーキは、上手く出来てる気がします。四角く切り分けてもいいし、スティック型でもいい。流し込む生地の量を変化させて厚みをつけるのも思いのままです。

話は変わって、最近、夏向けの、丸ごとのブルーベリーや八つ割りくらいのいちごが入っているフレッシュ感を出したベリーのソースがかかったチーズケーキを食べました。チーズのフィリングについては癖が無く、普通のよりちょっと良いかなといった感じでした。そして、底生地にナッツが混じっていて、口の中で味がもたつかずにカリカリとした食感が出してありました。レアタイプのチーズケーキで、ベリーソースとの相乗効果で甘さにもキレがあって、夏でも食べられるように、いろいろ工夫されているんだな…と思いました。

実際のお菓子に限らず、他の著者を含め、近年に出版されたチーズケーキ本の方が、底生地のバリエーションやフィリングに使うチーズの選択など、確実に進化および深化している感じがします。焼き菓子に関しては、過去に練られて伝わっているベーシックなレシピも美味しいものがあったりしますが、チーズケーキに関しては、今の本の情報量の方がいいと個人的には感じています。

というわけで、何だか前置きが長く、積極的にお勧めできる内容を書いてない、好き嫌い中心の内容になってしまいました。元々チーズケーキを積極的に食べたり作ったりしない私の書くレビューですので、このような人間なんだということで、ご勘弁ください。

気を取り直して、普通にシンプルステップで作っていくなら、わかりやすくて役立つ本ですし、ホームメイドには良い内容です。お菓子作り初心者の方でも、混ぜれば出来るからどんどんチャレンジできます。充分なレシピ数と書籍の価格、揃え易い材料と型、突飛なものが無く想像のつきやすい味、安心して作れるのではないでしょうか(どことなく雄鶏社から出ているシフォンケーキのバリエーションとも似ている感じです)。
型が一種類しかないのが良い人もいらっしゃるでしょう。世の中ニーズがいろいろありますから、こういう内容は必要です。今でも重版されていて、中古本も多く出回っていますが、あまり値崩れするところを見たことがありません。根強い人気の本だと思います。

底生地は、ほぼグラハムクラッカーとスポンジ生地で作っていくものが多く、シンプルなバリエーションです。
特に、レアチーズケーキの表面に房状のオレンジやパイナップルの輪切りがめいっぱいデコレーションされていたりしてかわいいです(でもちょっと切りにくそう)。ラズベリーのピュレでドット模様を作ったり、マーブル模様を描いたり、簡単だけど、かわいらしさを感じるカラフルなデコレーションがいろいろとあります。これは応用が効きやすいです。色を変えたりして、テキスタイルデザインをしているかのように、いろんなチーズケーキが作れるかも知れません。レアチーズケーキは白いキャンバスといったところでしょうか。




以下、目次より引用です。


材料のこと
ポイントレッスン
用具のこと

○ベイクドチーズケーキ
プレーンタイプ3種
 ニューヨークチーズケーキ オールドファッションチーズケーキ
スフレチーズケーキ

キャラメルファッジチーズケーキ ストロベリーチーズケーキ
ブルーベリー&ホワイトチョコチーズケーキ
バナナ&チョコチップチーズケーキ セサミチーズケーキ
カプチーノチーズケーキ パンプキンチーズケーキ
ラム&プルーンチーズケーキ チョコマーブルチーズケーキ
スパイスチーズケーキ

○レアチーズケーキ
プレーンタイプ3種
 ベーシックレアチーズケーキ ババロア風レアチーズケーキ
ムース風レアチーズケーキ

はちみつレモンレアチーズケーキ 赤ワイン&洋梨レアチーズケーキ
キャラメルレアチーズケーキ オレンジレアチーズケーキ
ラズベリードットレアチーズケーキ ミント&オレオレアチーズケーキ
ココナッツミルクレアチーズケーキ ミルクティーレアチーズケーキ
抹茶レアチーズケーキ パイナップル&ジンジャーレアチーズケーキ
ゴルゴンゾーラレアチーズケーキ


スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ベイクドチーズケーキ&レアチーズケーキ】

石橋かおりさんのチーズケーキ本で2番目に古いものです。18センチの丸型だけ、クリームチーズパック1本使いきりのできる合理的な本です。(現在は、某クリームチーズの規格が変わってしまい、パック1本使いきりが難しくなってしまったそうですが…。)今から10年前の本で?...
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ