FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

栗原さんちのおやつの本

超ロングセラーのおやつ本で、利用されている方も多いでしょう。
作りやすい分量で、甘みが強くなく食べやすい味のお菓子が揃っていますので、この本にも書いてありますが、お菓子入門編として良いと思います。出版当時にこの本を読んだ時は、電子レンジでカスタードクリームが出来たり、フードプロセッサでガーっと混ぜるだけでチーズケーキが出来たりするのに衝撃を受けて、しょっちゅう作っていました。特にカスタードクリームは、ちゃっちゃと作って、温かいままスプーンですくって食べていました。この本をよく利用していた頃はビギナーでもありましたから、おしゃれなレシピが手軽に出来るのが嬉しく、お菓子作りがますます好きになりました。

特にいちごのフローズンヨーグルトとスイートポテトタルトが好きで、良く作っていました。スイートポテトタルトに使うサツマイモのカットの仕方が絶妙で、焼いた後、ふんわりした部分とかりっとした部分が同居していて、ただ輪切りにするのでは出てこない食感が素晴らしいと思いました。シフォンケーキは別の本のレシピで焼いていましたが、チョコレートのデコレーションはよく使っていました。くるみを混ぜこんだクリームを生地でサンドしてあるのが美味しいのです。スポンジケーキと違って重くなく、あっさり食べやすいのが良かったです。

この本で初めて知ったお菓子というのもいくつかありました。シフォンケーキ、蜂の巣ケーキ、ねぎもちなどです。ねぎもちは、今はウー・ウェンさんのレシピを使いますが、この本で初めて作ってはまりました。

ただスコーンなどは、最初はふんわりしていて美味しいと思いましたが、ベーキングパウダーの量が多めになっていますから、他のお菓子本のレシピを作ってこちらに戻ってくると、失敗はしにくいのですがちょっと味に癖を感じました。質のいい材料を用意して、ベーキングパウダーを少し減らしても膨らみが得られるように作りたいなと思いました。お菓子を本格的に作り始めると、少し大雑把な味で物足りなくなってくる傾向がありますが、魅力的なレシピ群です。

現在は、このお菓子の本が出てから20年位経っています。本格的で手軽さも兼ね備えたおやつの本もだいぶ出てきて、分量さえ守って作ればお菓子作りが間もない人でも美味なものが作れるようになりました。クックパッドのようなレシピサイトにも、簡単で美味しそう、凄いな、こんな手があったか!というようなものも見受けられます。しかし、その分、レシピが完成されているとも言えるわけで、容易にアレンジしたり、あり合わせのもので作れる余白のようなものが無くなっている気がします。お菓子を作る人、作らない人が2極化している雰囲気もありますし、子育てしたり働いたりと時間をフル活用している女性には、いろいろ考えている暇が無いのかも知れません。

いや、もしかしたら、時代はあまり関係無く、パーソナリティの問題かも知れません。同じ位の世代の本では、小林カツ代さんだと、味がピタリと決まりつつ作りやすい手順に落とし込みがきっちりしてあり、これで作るのがオススメ、これ以外にはあんまり考えられない…という所に収まっています(レシピ毎のコメントが自信満々で、少し洗脳されているのかも知れませんが)。カツ代さんのおやつに対する考え―子供はおやつを楽しみに待っているわけだから、失敗してガッカリさせないように―という思いに貫かれているのがよくわかります。

この本には、「おやつの素」をストックしておいて、あとは自由に作れるような余白がたくさんありますし、「おやつの素」以外でも、自由さを許すような、促進するような雰囲気があります。私がやったことで言うと、例えば、いちごのフローズンヨーグルトで生のいちごだけではなく煮たのを加えてダブルの味にしてみたり、アーモンドコーヒーケーキで、ベーキングパウダーを減らして、余ったパン酵母に材料を加えて発酵させてみたりしました。(『天然酵母で作るお菓子』というタイトルの別記事にも書きましたが)粉の旨みが増し、具に入れるレーズンと発酵風味の相性も悪くなく、なかなか良い味になりました。他は思い出せないですが、ちょっとしたことはいろいろやりました。こういった懐の深さを感じる本は、ありそうであまり無いような気がします。



以下、目次より引用です。

○アイディアかんたんおやつ
フルフルゼリー いちごのフローズンヨーグルト ふわふわブラマンジェ
カステラシャーベット ココアスポンジ 卵ピザ おしゃれスイートポテト
ホットケーキミックスパン フレッシュアップルパイ 失敗なしのチーズケーキ
カルーアプリン

○使い道いっぱいのおやつのもと
カスタードクリーム作り方
カスタードクリームから
思いつきパフェ3種 あつあつカスタード 紅茶風味カスタードケーキ
アップルカスタードパイ

アーモンドクリーム作り方
アーモンドクリームから
ソフトレーズンケーキ バナナブラウニー アーモンドクリームタルト
アーモンドコーヒーケーキ

タルト生地作り方
タルト生地から
ソフトクッキー2種 洋梨と桃のクランブル スイートポテトタルト
アーモンドヌガークッキー

エスニック生地作り方
エスニック生地から
エスニックパン オールドファションドーナッツ カリカリピザ

○わが家のおすすめ定番おやつ
自慢のスコーン ねぎもち さっぱりカステラ にんじんケーキ
はちの巣ケーキ メープルシロップクッキー ヘーゼルナッツクッキー
アーモンドチュイール タピオカ入りココナッツミルク シフォンケーキ
バナナシフォンケーキ スパイスシフォンケーキ
かんたんデコレーション(ホワイトケーキ チョコレートケーキ)

私のおやつ作りノート

スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 栗原はるみ 文化出版局

コメント

非公開コメント

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ