FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

romi-unieのスコーン+ジャムとクリーム

こちらの本は、生地そのものに変化が付けられたスコーンが10種類程度紹介されています。
配合は同じで具を変化させるものか、全く配合が違うものを2、3パターンといった本ならば見たことがありますが、生地のバリエーションがあるものはありそうで無いです。

作り方については、さまざまなスコーンの作り方で、美味になるところを集めたいいとこ取りのような良さがあります。この本1冊を読んで作ってみれば、他の著書を含めあらゆるスコーンの作り方の意図や原理に通じることができるのではないかと思いました。更に、イーストで膨らませるスコーンも取り上げてあります。パン関連の本や著者にならよく出てくるイーストスコーンは、お菓子研究家の本では取り上げられにくいですが、この本で、パン作りをしない人でもイーストスコーンのレシピを試すことができます。とはいえ、お菓子を作る人というのは、たいていちょっとしたパンも焼いてしまう傾向があり、イーストスコーンのレシピも既に持っていそうですけど。

ジャムやペーストは適度な数が提案されています。本の価格帯とのバランスでは、多すぎず少なすぎずといった感じです。特に良いなと思ったのは、スコーンに付き物のクリームについてです。イギリスのようには手軽にクロッテドクリームが手に入らない中、他の乳製品でも存分に楽しめる提案がしてあります。マスカルポーネなどのクリームチーズなどジャムと合わせて相乗効果を生み出せるようです。都市部でもない限りマスカルポーネの方が断然手に入りやすいですね。クロッテドクリームは確か中沢乳業さんのもの位しか見たことがありませんし、私の住んでいる田舎では当然のようにありませんので、工夫して食べることができるのはありがたいです。

内容と全く関係ないですが…「クロテッドクリーム」なのか「クロッテドクリーム」なのか入力に迷います。お菓子ブログやってる皆さんは迷いませんか?発音はどっちが正しいんでしょう?英和辞典を引くと「クロッテド」が近い感じですが、メジャーなのは「クロテッド」なのかなあ。

生地そのものについては、甘みがそれなりにあり、美味を追求されているようです。スコーンの甘みとジャムの甘み、クリームのコクが突出したりせずに違和感無くまとまる、お菓子としての美味しさがあるように思いました。私は、スコーンはもっさりした食感のあっさり味で、ジャムとクリームをつけてほおばったときの味のコントラストが好きなので、それほど何度も作りたい感じではないのですが、作り方は参考にできるところがあるなと思いました。

個人的な話ですが、よくよく考えてみると、白いご飯に梅干やら佃煮などを乗っけて食べる日本人の習性(?)みたいなもので、スコーンを白いご飯や食パンみたいに見立ててるところが私にはあって、生地はシンプルな方が好きです。脱線しますが、お米はもっちりでリッチな甘みのコシヒカリよりも秋田こまちの方が好きで、口に入れてのっけから美味しすぎないものがいいです。庶民舌と言われればそれまでですが…。美味なものは、たまに食べるから美味しいのであって、普段はそこそこに美味しく安心感のあるもので充分です。


他にも徳永久美子さんや津田陽子さんのスコーンもチェックしてみました。砂糖がそこそこ入ります。しっとり感や生地の口どけなども考慮すると、糖分がある程度入ることになるのでしょう。特にお店を持っているプロの方のレシピは糖分多めの傾向がある気がします。生地そのものが、何もつけなくても美味しく感じられるものを追求されている印象があります。
また、小嶋ルミさんのレシピは、それほど甘みはありませんが、小麦粉の香りや旨みを重視しているところが一違違うような気がします。生クリームで表面さっくり中しっとりホロッと感を出しているところは、ろみさんと同じです。よくアマゾンのレビューで比較されていますが、作り方にある共通点が見られますし、近年のレシピということで皆さんの目にとまりやすいのでしょう。

ジャムについては、『ジャムのお菓子』同様、糖分多めで短時間で煮あげるタイプのものです。ただし、温度が105度になるまで煮詰めるなど素材毎に煮あげる温度の設定がスコーン本には無く、取り掛かりやすい印象です。もちろん煮上がりの目安はあり、アクの治まりとツヤ感で判断するようになっています。

果肉を細かめに刻んだりつぶしたりする手順になっているところが、スコーンに乗っけやすく配慮されているようです。果物については、均一なペースト状ではなく粒感があり、やや垂れにくい感じもあります。この本に限らず、スコーンに合うようにジャムを作るなら、この細かさも気をつけると良いのでしょう。確かにまるごとイチゴの粒が残ったようなジャムをスコーンに乗せたら、食べる時に、イチゴが噛み切れずにいっぺんにお口の中へ運ばれるであろうことは想像が付きますし、実じゃない部分は垂れやすそうです。写真では少しはみ出て垂れたデコレーションにもしてありますが、実際垂れるとちょっと食べにくいのではなかろうかと思います。

逆にホットケーキやパンケーキだと、熱で溶けるバターやとろみのあるシロップが生地に吸われて少しグシャっとしたところが美味しいので、均一のつぶつぶ感を感じさせるジャムよりは、流動的な部分とランダムな粒感があるソース状のものの方が、味が生きるような気がします。
とはいえ、好みもありますし、パンケーキ生地をどんな状態に作るかというアプローチも絡んできますので、一概には言えません。が、薄めに焼く、いわゆるバターミルクパンケーキの類はシロップ状がいいのではないかと。

ジャムをきっちり作るなら『ジャムのお菓子』の方がわかりやすいかも知れませんが、全体的に求められていることがスコーン本より高度といいますか、ある程度お菓子を作る人でないと、生かせない内容があります。ですので、スコーン本の方が気楽に取り掛かれるような感じがします。スコーン1つできるようになれば、ジャムとの相乗効果でいくらでも楽しめるのがいいですね。

木のテーブルみたいなところに直接スコーンが置かれている写真の他、数々のチェック柄のテーブルクロスにスコーン、時々銀の(っぽい?)トレーも使われ、端々にイギリスが意識されています。加えて、似たような形ではあってもディテールが違うジャムの瓶やグラスがいろいろと出てくるのも楽しみどころだと思います。思い切り主張はされてないですが、静かにこだわってるな…といった感じです。



以下、目次より引用です。


はじめに

○chapter01
Basic Scone 基本のスコーン
スコーン・メゾン

プラスαで食感と風味を味わうスコーン
スコーン・ライト スコーン・カンパーニュ
そば・スコーン エッグ・スコーン パン・スコーン
ティー・スコーン カカオ・スコーン レモン・スコーン
チーズ・スコーン コーン・スコーン

スコーンにプラスするとよいもの


○chapter02
Jam&Cream スコーンといっしょに楽しむジャムとクリーム

Jam!
ラズベリー・キルシュ シンプルないちご いちじくとシナモン
レモンとオレンジのマーマレード アプリコット・バニラ
ブルーベリー・カシス りんごとカルバドス りんごといろいろジャム
さつまいもとバニラ かぼちゃとメイプルシロップ

ジャムにプラスして楽しむ乳製品

Sweet Cream!
塩バターキャラメルクリーム オレンジチーズクリーム 
練乳ホイップクリーム いちごミルククリーム レモンカード
ミルクチョコレートクリーム リコッタクリーム
はちみつナッツバタークリーム メイプル・くるみクリーム
カスタード・ホイップクリーム

Savory Cream!
リコッタ・ディル・サーモン じゃがいもとツナのブランダード風
シャンピニオン・ブール ポワブル・フロマージュ


○chapter03
Milk Tea スコーンには、ミルクティー
基本のミルクティー レモンミルクティー キャンブリック・ミルクティー
アイリッシュ・ミルクティー シナモン・ジンジャー・ミルクティー


おしまいに ロンドンで出会ったスコーンのこと

スポンサーサイト

テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。