FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ

インターネットでの支持から生まれたお菓子本の第一人者的な存在といえば、稲田多佳子さんのような気がします。書店で見かけて「題名長いな。」と思いながらページをめくってみると、お菓子だけじゃなく、写真からテーブル周りのコーディネイトまで、ほぼセルフプロデュース。罫線の入ったキャンパスノートみたいな雰囲気も新鮮でしたし、ここまで出来るのか…と感動がありました。そして、お菓子作りの好きな主婦が、主婦と生活社さんというそこそこ大きい出版社さんから第一作を出してヒットを飛ばしているというのにも驚きました。お菓子作りを趣味とする女性の憧れが極まったようでもあります。

焼き菓子レシピと言うだけあって、果物を使ったタルトなどもありますが、どちらかというと粉もの中心で、紅茶やコーヒーなどの飲み物と合わせて美味しく頂けるような、甘くて濃い感じのする(キャラメル味、チョコ味、チーズケーキなど、コクのある味が好きな著者さんぽいのかな?)レシピが多い気がします。でも、夏でも食べられる焼き菓子や、暑い日でもおいしく食べる方法が紹介されていて、一年中焼き菓子食べたい!という気持ちを満たせます。

アーモンドプードルを使う場面が多くてちょっと甘めというのが、藤野真紀子さんや長尾智子さんに近い雰囲気があるな…と思いました。アーモンドプードルを使うと小麦粉だけでは出せないリッチさを手軽にプラスすることができますし、お菓子作りのテクニックを厳密に追求しなくても風味が上がったり、しっとり感も得ることができるので、作りやすくておいしいが両立できるように思いました。藤野さんだと、エレガントでハイソで作り方がやや面倒なところがあります。長尾さんだと、バナナを使ったものや砂糖の使い分け、道具の選択などが個性的だったり、お菓子の造型がラフで、もう少し丁寧に作りたい人には物足りない感じで、好き嫌いが出そうです。たかこさんは、どちらでも無く、合理的で気取らずに素人ぽくないお菓子が、私にも出来そうだと思わせてくれるといった感じでしょうか。

他にも、材料については、おすすめの銘柄がいくつか紹介されています。他人の経験値を頂けるというのはありがたいことですし、こういう便利なものもあるのか…と参考になります。「このお菓子にはヴァローナの○○じゃないとダメ。」というのではなく、これが好きで愛用しているという括り方で、普段スーパーで買えるものよりはちょっと良い基本的なものという感じです。

ケーキ類については、いろいろな焼き型が使われていますので、何かつくる前にはいくつか揃えることになるでしょう。クッキーについては、フードプロセッサーで生地を撹拌し、棒状のものをカットするアイスボックスタイプが殆どです。フードプロセッサーを持っていて、お菓子作りの経験がある人ならば、ごく簡単に作ってしまえます。初めての人でも、要領をつかめば簡単にできそうですが、少し基本書を読んで粉砕後の生地のまとまり具合などを確認しておくと、失敗のリスクが減ると思います。全体としては、作り方の説明が文章メインで工程写真はありません。


余談ですが(加藤千恵さんの回にも同様なことを書いたような気がしますが…)、
たかこさんがページの端々に道具の写真を出して、いろいろ語る気持ちがわかります。私も、かつてお菓子作りに今よりも熱中していた頃は、合羽橋や製菓問屋などに通い詰めては手に取り、時には買いました。そして、あえて道具を使いたいがためにお菓子を作ったりもしました。

しかし、私の場合、実際使ってみると、業務用の無骨なものや近所の金物屋で買ったものの方が合っていることが多くて、インテリア重視の美しい道具たちがお蔵入りしていたりします。例えば柳宗理さんのボウルとか。バーミックスもあまり使ってないな…。シフォンケーキを型からはずす為に作られたパレットナイフは、型に沿わせていく時につい力を入れすぎるのか、しなり過ぎて焼けたシフォンケーキの側面に刺さること多発。結局小さめのパレットナイフで充分だったとか…いろいろ失敗しています。

一番良かったのは、麺棒を太いものにしたことです。太くて重いほうが、力を入れずに早く延ばせて生地表面がデコボコしないとの情報を得てから、直径5センチのものを持っています。ぱっと見はかなり大きくて、こんなの使うのかとギョっとするのですが。いざ使ってみるとかなり重宝で、タルト生地やパイ生地を大きく延ばすのに安定感があり快適です。軽くて細い麺棒だと力加減が難しいのです。強く押しすぎると、パイ生地からバターがはみ出そうになったり、タルト生地が部分的に薄くなりすぎたり。出来ればネットショッピングで買わずに、実物を触って反りが出ていない真っ直ぐなものを探すのをお勧めしたいです。ネットショップで買った私のものは微妙に反ってますので。

…パレットナイフといい麺棒といい、私は繊細に力を加えるのが苦手かも知れません。


以下、目次より引用です。

part1 お菓子な毎日
くるみのコロコロクッキー キャラメルケーキ
くるみのキャラメルクリームタルト プレーンパウンドケーキ
フルーツケーキ カフェ・ノア バターサブレ 黒ごまクッキー
メイプルクッキー ピーナッツバタークッキー
りんごのカントリーケーキ プチ・ショコラ

part2 フルーツがあれば…
バナナとくるみのケーキ フレッシュフルーツパイ レモンクリームのタルト
りんごのタルト 洋梨のタルト レモンケーキ ダークチェリーのサワーケーキ

part3 紅茶が好き
ティークッキー 紅茶のケーキ オレンジと紅茶のケーキ

part4 くるくるロールケーキ
プレーンロール いちごロール グレープフルーツロール チョコレートロール
チーズクリームロール カフェオレロール ココアロール

part5 ワンボウルで
ベイクドチーズケーキ ココナッツとチョコチップのドロップクッキー
アプリコットマフィン ベリーのマフィン 
クリームチーズとポピーシードのマフィン

column
おいしく作るための小さなポイント1 下準備
おいしく作るための小さなポイント2 生地作り~焼く
材料について1 粉類/卵/砂糖
材料について2 乳製品/香りをつけるもの/チョコレート
道具について
焼き型について


スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ