FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今までありがとうございました。

私事ですが、現在週6日勤務の仕事をしていて、お菓子を作る時間やブログを書いている時間が取りにくくなってきましたので、一旦ブログ記事更新を終了いたします。

私の手元にある本は、あと残り数冊となりました。それも書きづらい奴が(爆)
年内に全て記事をアップできたらなとは思っておりましたが、出来るかどうかは微妙です。
おこがましい話ですが、更新を多少期待してくださっている人もいるかも…と思うと、自分に課した週2更新という約束が保てないのが嫌だなと思い、一旦すっぱり止めるのと同時に、前もってごあいさつをしておくことにいたしました。記事の更新は厳しいですが、ブログ閉鎖の予定は全くありませんし、ブロガーさん達のお菓子も拝見したいと思っておりますし、コメントへの返信は大丈夫ですので、何かありましたら遠慮なくどうぞ。

とにかく、ドタバタした文で酷いのも中にはあって、読むのが大変だろうな、何だか申し訳ないなと思うことがありましたが、ご愛読ありがとうございました。6万アクセスも記録できて、私としては充分です。今後も、気が向いたらご訪問ください。リファレンスの機能はそこそこあると思います。特に、ドイツ菓子、ウィーン菓子、イタリア菓子の珍しい絶版本は、かなり揃っていると思いますので。


閑話休題、
本日は仕事が休みで、書店に久々に立ち読みしに行ったのですが、専門化が著しいですね。ブッセとダックワーズだけの本とか、シュー・サレの本とか、金太郎飴式の組み立てクッキーの本とか、どんどんマニアックになってきていて改めて驚きました(この現象はどこまで続くんだろう?)。

で、その中から、原亜樹子さんの『コブラーとクランブル』という本を買ってきました。高橋雅子さんがPARCO出版さんから出している『少しのイースト』シリーズと同じ横長の本です。コブラーやクランブルは、出来立ての温かいまま食べるのがおいしく作り方が簡単なものばかりなので、これからの季節はお勧めです。立ち読みしていて、仕事とか関係なく本当に好きで時間をかけて集めたレシピなんだろうなと思わせる豊かさと、著者の周辺の温かい人間関係も垣間見えて…やられました。
バターをベースに使うものと、少しですがグレープシードオイルをベースに使うものとの2展開があります。こちらの本も時間が取れ次第、レビューするつもりではありますが、いつになるかわかりません。(というわけで、この場を借りまして)まずは、クランブル狂の皆様、書店で見かけたら是非手に取ってみてください。

あと、『ラ・ファミーユ』小沢のり子さんのシフォンケーキの本が発売になっておりました。小沢さんの本は、旭屋出版さんのものだと、お店売りの凝ったものが中心で現在は増刷されておらず価格も高騰気味ですし、プレーンなシフォンレシピについては小学館さんから出ている『おしゃれなカフェのシフォンケーキ』を買わないとならない状況でしたが、新刊は、プレーンで簡単なものからお店売りの凝ったものまで幅広く合体したような内容なので、『ラ・ファミーユ』ファンの皆様も、シフォン入門者の皆様も買いだと思います。

それでは皆さん、師走にかけてどんどん寒く、そして忙しくなってくると思いますが、お元気で。



スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ