FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ふんわり手作りシフォンケーキ

他の著者さんのシフォンケーキの配合と比べますと、強力粉が少し加えられていまして、粉の風味を楽しむために卵の風味を抑え目にしたいのか卵が少なめ、その分卵黄が減るのでサラダ油を少し多めにしてしっとり感と歯切れをよくし、ふわふわ感を得るためにベーキングパウダーを入れるようにしているのかなと推測しました。当たっているかはわからないですが、石橋かおりさんのシフォンケーキの本で、カスタードシフォンという卵黄と卵白を同数使うレシピがありまして、作って食べてみたところ、プレーンなシフォンよりも卵黄の香りが驚くほど前に出てきて、この卵黄1個の違いが大きいなと感じたことがありますので。

パンを専門とされる田辺さんならではの、ライ麦粉+オリーブオイル+チーズの組み合わせなど、粉使いが興味深いです。また、牛乳+コンデンスミルク+スキムミルクの組み合わせのように風味を強調したり、ポピーシードを牛乳で炊く処理をしたりするフィリングへの工夫も好きです。キャラメルクリームや抹茶などの液体は、生地全体に混ぜ込むと味がぼやけるので、濃い液体を生地に垂らしたらマーブル状になるように数回大きく混ぜる、粒の大きめのインスタントコーヒー粉をそのまま溶かさずに加えるなど、簡単でありながら食感をリズミカルなものにする工夫もあります。
こうしたちょっとしたテクニックが一つのレシピに少しずつ施されているので、一見すると普通そうに見えるんですが、面白く読めて、自作のレシピ作りにも取り入れることが出来ます。

本の値段のわりに紹介品数が少ない、というレビューを見かけますが、似たようなレシピがありませんし、プレーンなシフォンを使ったデコレーションのようなページもありませんので、生地そのもののバリエーションを知りたい方には普通の数だと思います。ということで、初心者の方も使えますが、どちらかというと普通のシフォンでは飽き足らない方、パン作りのついでにシフォンも作る方にいいと思います。強力粉をいちいち用意するのが面倒であれば、例えばですが、たんぱく率10パーセント付近の好みの中力粉を使って作ってもいいと思います。リキュール類は出てこず、白ワインを少し使うレシピがある(りんご、ドライフルーツのシフォン)位ですので、食事がわりや、お子様のおやつにも食べやすそうです。


以下、目次よりレシピ名のみ引用です。

基本のシフォンケーキ
コーンシフォンケーキ 胚芽&黒糖シフォンケーキ 抹茶マーブルシフォンケーキ
オリーブオイル&チーズシフォンケーキ 全粒粉シフォンケーキ
アプリコット&チョコチップシフォンケーキ ナッツシフォンケーキ
オートミールシフォンケーキ ブルーベリーシフォンケーキ りんごシフォンケーキ
ドライフルーツシフォンケーキ ココナッツシフォンケーキ ミルクシフォンケーキ
チョコレートシフォンケーキ カプチーノシフォンケーキ ミルクティーシフォンケーキ
ヨーグルトシフォンケーキ バナナシフォンケーキ マロンシフォンケーキ 
かぼちゃシフォンケーキ ポピーシードシフォンケーキ キャラメルシフォンケーキ
ポテト&ベーコンシフォンケーキ ごまシフォンケーキ


スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 田辺由布子 新星出版社

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ