FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北欧のキッチンでおぼえたイースト菓子とパンの本

著者、前田さんの旦那様がスウェーデンの長期出張から帰国した昭和38年、旦那様のお土産の本と記憶などをたよりに手探りで、スベンスカ・ビナブラード(デニッシュ・ペストリー)を焼き上げたのが、パン作りにはまるきっかけとなったそうです。

北欧の料理書を見て、日本の家庭で作りやすいように工夫が重ねられ、実際に食卓を何度も囲んだレシピが紹介されています。本格的な北欧のパンやお菓子の本を焼きたい、知りたいとなったら、別の本か洋書の方がいいです。
しかし、新品の台所用品をずっと使い続けて自分になじませていくように、この本のレシピも長く温めて、前田さんがなじませてきたものばかりですので、地味目だけどおいしく楽しく作れそうです。木べらで混ぜて作るこねない黒パン、イースト菌で作るカトルカール、じゃがいものすりおろしとライ麦粉を使って作るパンケーキ状のレフセなど、たとえ作らなくても気になるレシピ。

文字が大きめ、余白もかなりあってのんびりとしたページレイアウトに加え、表紙カバーが厚手のトレーシングペーパーで出来ていて、本体と重ねあわせると一つの絵が出来上がるというデザインです。その本体表紙になっている紙質もでこぼこしています。白馬出版さんの堀井和子さんのシリーズもそうですが、本じたいが凝った作りで、白馬出版さんが惜しみなく力を注いで作った本なのかなと思いました。
内容も本体もちょっと変わっているので一度見ると忘れがたく、手元に置いておきたい本です。


以下、目次よりレシピ名のみ引用です。


スベンスカ・ビナブラードから始まって……。

夕暮れ時のMENU
ミートボールとフラワーボールのスープ ミットマットブロー

おなかが空いた昼のMENU
ピッティパンナ 北欧のシンプルサラダ クネッケブロート

元気いっぱい朝のMENU
ポテトのおろし焼き ベーグル


こねない黒パン プチパン・ド・カレーム コーンミール・マフィン ミットマットブロー
イングリッシュ・マフィン スコーン ベーグル クネッケブロート
バナナ・ナッツ・ブレッド ワッフル スターターのそば粉パンケーキ レフセ
アーモンド・スクエア 三角包みおかずパン エッペル・ムンカー カトルカール・オレンジ





cooking+070_convert_20091127125008.jpg
スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 前田廸子 白馬出版

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ