FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルト 私のとっておき

津田陽子さんの2冊目のタルトの本です。

1冊目と違うのは、(おそらくですが)タルト作りをたくさん楽しんで欲しい、そして見た目に美しい本に仕上げようという意志が感じられるところです。

タルト生地は2種類、パート・サブレ、パート・フィユテと少なくなっていますし、18cmセルクル型と20cmタルト型でだいたいのタルトが出来るので、前作ほど道具をたくさん揃えなくても大丈夫です。一部プチフール型など小さいものが必要なレシピもあります。タルトが売られている実店舗に行ったことがないのでわかりませんが、ひょっとすると製造、販売、世界観の創出などの都合で、型の大きさや仕様が統一されたのかも知れません。
とはいえ、型が少なくて済むのはありがたい。

ページを見開くと、美しく大きく撮影されたタルトが目に飛び込んできて、カタログを眺めているかのようです。しかし、本としての美しさが優先されている分、パートの作り方をところどころでまとめて説明してあるため、いろんなページを見開いて読み込まないと、全ての工程を把握できないというとっかかりづらさはあります。そこがちょっと面倒ではあります。が、タルトは、皿部分だけ先に焼いておいて保存がききますから、一度に全工程を作ることを考えなければ、こういった本の作りでもいいような気はします。

余談ですが『クレア・イーツNo.11』に、この本にも載っているタルトが数点あり、こちらの方が、工程写真もあり、少しわかりやすくなっています。
また、津田さんがフランスでお菓子修行をした後、京都の風土になじむお菓子づくりを目指したいきさつも書いてありますので、このへんのスピリットも感じて作っていただくと、再現性がより高くなるのではないかと思いました。

何だか、『クレア・イーツ』の宣伝みたいな内容も書いてしまいましたが、40品ものタルトが集められた本など、そうそうありませんので、タルト好きな方にはぜひ手にしていただきたい本です。


以下、目次より引用です。

○パートサブレ
基本のパートサブレ
お菓子の科学(パートサブレ編)

りんごのタルト オレンジのタルト 木の実のタルト 5つのベリーのタルト
アマンディーヌ チェリーのタルト 五色かのこのタルト 洋梨のタルト
おばあちゃまのタルト 杏のタルト リンツァトルテ 田舎風りんごのタルト
チーズのタルト くるみのタルト

焼くコツ&おいしく食べるために(パートサブレ編)

2番生地で作るお菓子
サブレマンディアン オレンジ風味のサブレ リンツサブレ モカクレッセント
オランデ シナモンサブレ

コラム パリのタルト1


○パートフィユテ
基本のパートフィユテ
お菓子の科学(パートフィユテ編)

レモンクリームのタルト クレームブリュレのタルト オレンジのクラフティ
かぼちゃのタルト おいものタルト ポンヌフ コンベルサシオン
栗のタルト タルトタタン トマトのフィユテ 玉ねぎのフィユテ
ニョッキパリジェンヌ キッシュロレーヌ きのこのキッシュ

焼くコツ&おいしく食べるために(パートフィユテ編)

2番生地で作るお菓子
ごまのガレット プレッツェル リーフパイ プチフールサレ サクリスタン
マロンパイ

コラム パリのタルト2


○クリーム
クレームダマンド クレームダマンド・レジェール クレームパティシエール

クリームをより深める
材料
道具
用語解説

おわりに


スポンサーサイト

テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 津田陽子 リトルモア

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。