FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カスタード&キャラメル

埼玉の洋菓子店『アルカイク』オーナーの高野幸一さんが、お菓子材料の王道、卵と砂糖使いにポイントを絞って2002年に著した本です。

レシピは派手さが無くてベーシックなものが多く、少し本格的なものもありますが、家庭でできるレベルになっているのと同時に、おいしさのツボはしっかり外さない様、気さくで的確なアドバイスがあり、楽しみながらお菓子を作れるようになっています。
たとえば、プリンを作るときは、プリン液の表面にキッチンペーパーを張ってアクを取るなど、できる範囲内で手間をかける感じです。
作り方の手順説明は失敗しにくいように詳しく書かれていますが、もっと完成度を上げたい方は、傍らにお菓子の基礎教本的な本があった方が、もっとしっかり作れると思います。

材料も手に入りにくいものがほとんどなく、だいたい揃えられます。
いつもよりちょっと程度が良く新鮮な材料で丁寧に作れば、上等なお菓子が楽しめると思います。
また、キャラメル風味とナッツ使いがお好きな高野さんの特徴である『くるみのケーキ』というお菓子も載っています。高野さんが若手パティシエとして注目され始めた頃の本で、美しかったり可愛かったりする本に比べると目立たなかったのでしょうか、あまり部数が出なかったようで絶版になっています。

特に私がいいなと思っているところは、お菓子のできあがりの美しいところです。一つ一つのお菓子の形がきっちり揃っていて、切り口もきれい。むらなくキャラメリゼされたクレームブリュレの表面は輝いています。ひかえめで端正ですっきりした顔立ちのようなお菓子で、地味にこういうのをびしっと作れるようになれば、お菓子づくりの腕前も上がったなと思えそうです(プロになって毎日毎日積み上げないと無理?かな…)。ひそかに目標にしています。


以下、目次より引用です。

基本のカスタードクリームの作り方
基本のキャラメルソースの作り方
基本のキャラメルクリームソースの作り方

○みんな大好き、シュークリーム&プディング
シュークリーム(基本のシュー生地の作り方) エクレール2種 パリ・ブレスト
カスタードプディング かぼちゃのプディング ラズベリーソースのポ・ド・クレーム
ジャスミンティー風味のクレーム・ブリュレ

○クリームなめらか、定番のケーキ
ミルフィユ(基本の速成折りパイ生地の作り方) フルーツロールケーキ
フレジエ フルーツクリームタルト オレンジとキャラメルのケーキ
くるみのケーキ キャラメルチョコレートケーキ

○簡単、素朴な焼き菓子
洋梨のフラン さくらんぼのクラフティ ミル・クレープ クレープ・スフレ
ジンジャー風味のキャラメルパウンドケーキ

○ほのかな苦み、キャラメリゼ&チョコレートのお菓子
フロランタン クロッカン エンガディナー りんごのキャラメルパイ
キャラメル4種 アマンド・ショコラ ノアゼット・ショコラ キャラメルトリュフ2種

○とろける口どけ、デザート
バニラババロア(基本のバニラババロア生地、アングレーズソースの作り方)
チョコレートババロア オレンジババロア ヨーグルトとフルーツのババロア
ウ・ア・ラ・ネージュ マンゴーとチョコレートのグラタン
キャラメル&バナナのムース はちみつとキャラメルのグラニテ キャラメルドリンク2種 


スポンサーサイト



テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 高野幸一 文化出版局

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ