FC2ブログ
プロフィール
2009年の夏から、趣味で買い集めたお菓子の本についてのレビューを書いています。もっと書く事をエンジョイしたくなり、本棚から手放す本、追加する本がいくつか出てきました。ですので、ごくたまに書き込まれる本の内容についてのご質問に詳しく答えられない場合がございます。それでは、お時間ありましたら記事にお付き合い頂きつつ、ご一緒にお菓子本を楽しみましょう。

oyatsu082

Author:oyatsu082

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

この本が出るのを知った時、私は、有元さんの数多のレシピが、作りやすくなるツールを得られるのでは?という期待がふくらみ、待ちきれずに、発売日前に予約を入れてしまいました。

読んでみると、実際はそれ以上のものがあると感じました。他の料理家さんのレシピだったとしても、自分の即興であったとしても、思い描いた味に近づけるために、どこに手をかければ良いのか、慎重にやった方が良い工程は何か?など、自分で探りつつ考える癖が付く感じです。
有元さんの思考回路が乗り移るというのでしょうか。

有元さんらしく、オリーブオイル、メープルシロップですとか、ハーブなどの薬味系の野菜が出てきます。これらのものは値段が高くつきます。そして、家族の人数が多かったり世代がまたがる場合には、味の好みに大きく違いがあったりして、全てを取り入れるのは難しいです。が、それを割り引いても得られるものがあります。
無水鍋やバーミキュラなど、道具の縛りが少なく、取りくみやすさもあります。

物理的にレシピ本を断捨離しても、クックパッドなどを見てその都度作っていたら、部屋は片付くかも知れませんが、頭の中は片付かず、あまり変化なしということになります。
そして、レシピ頼りだと、材料をすべて揃えないと料理が作れないケースも出てきます。しかし、おいしくする勘所がわかれば、冷蔵庫の中に既に入っている材料を使い、その場で何かを作っても、味が決められるようになるわけです。

レシピ本やクックバッドなどで飽和状態の中、脱レシピ本というのは…それが有元さんだったら、ひときわ目立つわけです。土井善晴さんが『一汁一菜~』を出したのにどこか似ている気がします。力量のある先生方がこういう本を書かれるのは大変意義があると思いますので、他の先生方の本も見てみたくなりました。
少し前だと、故小林カツ代さんは読むレシピ本をよく書かれていましたね。「ジャー」とか「ガーっ」などの擬音語を使ったり、食材の香りや色の変化などをなるべく言葉にして、感覚へと落とし込めるように工夫されていました。

有元さんの今回の本を読んで面白いと思われた方は、『この野菜にこの料理』という本も、文字だらけですが、野菜の扱い方についての理解が深まるのでお勧めです。


スポンサーサイト



一汁一菜でよいという提案

私のブログは基本的にお菓子本を扱っているのですが、今回は、ちょっと気になった土井善治さんの本について書いてみます。

大雑把に書くと、日本人の食事は一汁一菜(ごはんと味噌汁、お新香)で基本事足りる。
これならどんなに忙しい時でも誰でも作ることが出来て、自身の健康を維持できますよという提案です。そして、なぜ、この提案に至ったかという理由がいろいろと書かれて、一冊の本になっています。

読んでいてふと思い出したのが、暮しの手帖社から出ている『長尾智子の料理1,2,3』という描き下ろしエッセイです。
その中の「基本食の時代」という項目の中に、
~これさえあれば元気でいられるという食べ物が、人から見れば少々奇異であっても、自分が頼れると思えば、それは大事な基本食になる。誰もが、元気を保って頼りにする食べ物を人それぞれに持って、それを調える時間を作って暮らす時代~
というような内容があります。

書いてあることの動機や提案は、土井さんと似ていると思いました。ただ、「基本食」と書くか、「一汁一菜で良い」と書くかで、伝わり方には、かなりの違いが出ます。元々のマスコミへの露出度の違い、主にお作りになっている料理など、お二人の前提条件は当然違うわけですが。

「基本食」という言葉の前では、私としては「自分にとっての基本食って何だろう?」と少し考え込んでしまい、結局結論を出さずに何となく日々の生活をやり過ごす…という、あいまいなスタンスになってしまいました。

一方、「一汁一菜で良い」となると、そうか、一汁一菜で作っちゃっていいんだ、それくらいの気軽で継続的な食生活で良いんだと、肩の荷が下りる気がします。また、逆に、実際は、一汁一菜では食卓が寂しくないか?何かもう少し無いと駄目だろうな…思います。


巷には、レシピ本、美味しいレストランなどのお店、コンビニ…などなど、食に関する情報や実際に食べられる場所も機会もたくさんあります。おそらく、人間にある欲が消えでもしなければ、これらのことは縮小することはなく、拡大の一途だと思います。
(私のブログ自体、それに加担している部分はあるかも知れませんが…)

拡大方向に無意識のうちに乗っかっていくことは、自然のものに手を加えて、最低限食べれるものにして食するという、原点となる人間の営みを失うということにも繋がりそうです。

土井さんの一汁一菜論は、飾り気の無い言葉ですが、日本人にとってはわかりやすく、グサッと刺さる表現で、読んでいる人々に具体的に提示し、感情に食い込むというものになっています。

一方で、長尾さんの本にも似たようなことが書いてあったにも関わらず、読んだようで読んでおらず、普段の生活や心の中が慌ただしい、自分の状態にも気づかされました。基本食を決めるのは、自分で見つける、探すという姿勢を保ち、感覚を羅針盤にすれば良いわけです。しかし、その姿勢を保てない程に食生活が混沌としていて、見つけるのを放棄してしまっていたかも知れません。

長尾さん自体、処女作の題名でもある『New standard dish』、つまり、新しいスタンダード、自分らしい基本の食事の提案というのを、仕事としてやってきたという印象も受けますので、自分で手探りしていけば見つかるよ的な書き方になるのは、やっぱりそうだろうなと思います。
しかし、土井さんの本が売れているということは、その探求することの難しさ、考える時間の無さが、今の社会にはあるのかなと思いました。ですから、既存のわかりやすいところに原点回帰して、そこから始めようと。


というわけで、読書経験の中から、言葉が伝わるということの凄みや面白さを久々に感じました。「この言葉を持ってきた土井さんや編集者は凄いな…」と、感動していたら、だんだん形になってきて、ブログにしようと思いました。露骨に言ってしまうと、マーケティングにおいては強い言葉です。
ただ、こういった本を読む人は、食に関心のある人達や、今食事作りに携わっている家庭の主婦層が多いと思います。ですから、自分で食事を作ることに関心が無かったり、気力が無かったりする人、もっとこのメッセージが届いた方がいいかも知れない人には届かないかな、という矛盾のようなものも感じました。まず、本屋に行って料理コーナーに行くかどうかもわからないですしね。

で、土井さんの本はベストセラーになっている状況です。
本を購入するまでいかなくても、ウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』のコンテンツに、内容を要約したかのような対談が掲載されていますので、そちらをお読みになっても充分かと思いますよ。私は、ほぼ日で知ってから、更に読んでみようと購入しました。


テーマ: 料理の本
ジャンル: 本・雑誌

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
月別アーカイブ